スポンサーサイトこのエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマークを表示このエントリーのはてなブックマーク数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

律「澪の喋り方ってオタクっぽくて気持ち悪いよな」このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマークを表示このエントリーのはてなブックマーク数

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 02:52:11.03 ID:D9kkBIzk0

律「なんつーかさー、芝居がかってるって言うか」

唯「あ、それすごいわかる」

紬「何かにつけてツッコミ口調よね」

律「そうそう。 ~だろっ! とかなんか漫画のキャラ演じてんのー? みたいな」

唯「意識してそうだよねー」

紬「私はけいおん部のツッコミ役だから(キリッ」

律「ぶふふーwwwwwやめろwwww」

唯「絶対wwwww思ってるwwww」

紬「萌え萌えキュン(キリッ」

律「おぶしゅwwwww内心もっとやりたいとか思ってそうだよなwwwwwww」

唯「やだとか言ってるけどホントはそんな嫌じゃないって感じみえみえだよねー」

律「あーわかるわー。あいつけっこうめだちたがり屋だしな」

紬「ボーカルの座は譲らない(キリッ」

律「んんぐほwwwwwwライバル視wwwwwww」

唯「かwwwwまwwwwわwwwwwんwwwwよwwwwwやれよ一人でwwwww」


けいおん! 秋山澪 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 02:55:48.26 ID:hBY430QFO

おぶしゅww


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 03:07:26.33 ID:D9kkBIzk0

律「ぶっちゃけさ、あいつギター中学からやってんじゃん」

唯「そうだったっけ?」

紬「忘れたわ」

律「んでさ、まあウチの中学にもちょいちょいギターとか持ってきてるやつがいてさー」

唯「まあいるでしょうね」

紬「黒歴史」

律「それぐらいは他のクラスにもいたんだけど、ところがどっこい。ウチの澪さんは格が違いましたわwwwww」

唯「前フリwwwww」

紬「かーwwwらーwwwwのーwwwww」

律「帰りの会でwwwww自分のwwwwwギターwwww披露wwwwww」

唯「やったwwwwったwwww」

紬「かーwwwwwらーwwwwのーwwwww」

律「昼の放送で自分の歌披露wwwwww」

唯「ぬぬっおwwwwwwそれはwwwww死ねるwwww」

紬「次は秋山澪でサウザンドラヴです。お聞き下さい(キリッ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 03:16:43.73 ID:D9kkBIzk0

律「んでんでんでwwwwwwアイツwwwwwいじめられたwwww」

唯「ですよねwwwww」

紬「あー、アイツ、サウザンドラヴの秋山じゃんwwwww」

唯「だから澪のやつ若干対人恐怖症なのかー」

律「だって私が放送委員使って一週間サウザンドラヴ流し続けたからな」

紬「りっちゃんテラ鬼畜wwwwww」

律「ひと月登校拒否した」

唯「むしろひと月で済むのが澪クォリティ。私なら一生来れない」





梓「あ、あのー。そういう陰口とかあんまり良くないんじゃ……」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 03:26:09.16 ID:D9kkBIzk0

律「あー梓は気にしすぎだって」

唯「あずにゃんもハゲガッパの話しよーよwwwww」

紬「お茶でも飲んで話しよーや」

梓「いや、そうじゃなくて」

律「なんだー、合宿のときの澪の話聞きたいかー?」

唯「あれはwwwwやばかったwwww」

紬「乳でかアピールwwwww」

梓「いや、ちょ、聞いて下さい」

律「あと誕生日会に誰もこなかった事あるよwwwwww」

唯「ちくしょうwwwwwww誰も来やしねェ」

紬「テラ飛雄馬wwwwwwwww」

梓「聞いて下さいってばー」バタバタ




けいおん部前
澪「……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 03:36:22.98 ID:D9kkBIzk0

律「あー、腹いたいwwww」

唯「笑い過ぎて二回吐いたwwwwww」

紬「紅茶がレモンティーになったでござるの巻」

律「漏らすなwwwwww」

梓「だーかーらー聞いてっ……」

唯「つーか一昨日から生理だからマジつれーわー実質一昨日から生理だからマジつれーわ」

律「あるあるー」




梓「聞けやっっっっっっっ!!!!!!」


ビクン!!!!

紬「え」

唯「え」

律「え」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 03:37:29.70 ID:Ri56rPzP0

唯がミサワwwwwwwww


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 03:45:58.22 ID:D9kkBIzk0

梓「さっきから聞いてりゃおんどりゃ……ピーチクパーチクある事ない事喋りおって……ほんに人の話聞かんかいアホんだら共!!!」

律「い、いややわー。そんなキレる事やないやろーwwwなぁ唯はん」

唯「せやなー、そないな怒る事ちゃいまっせアズにゃんはんww」

紬「小便が止まらん」

梓「まあ分かったんならいいですよ」

唯「あはははー」

律「あーびっくりした」

梓「で、何の話してたんでしたっけ?」

律「そうだ澪だよ」

唯「ゲーハーおせーな」

紬「ポットが溢れそうでござるの巻」


ガチャリ


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:00:21.54 ID:D9kkBIzk0

憂「おねーちゃん」

唯「憂ー。どうしたのー」

律「ハゲガッパの代わりにけいおん部入らないかい憂ちゃん」

憂「あははー、だめですよー。ってそうだ、さっきヅラ……じゃなくて澪さんがドアの前から走り去ってったんですけど」


律「え」

唯「え」

梓「あ」

紬「小便が……」

憂「知りませんか?」

律「……」

唯「憂……」

梓「やっちまったなぁ!」

律「やばいな」

唯「いやーでも大丈夫でしょ。だってりっちゃん昔いじめてたときも大丈夫だったんでしょ?」

律「だってあたしが裏で糸引いてたこと知らないし、澪」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:08:26.15 ID:D9kkBIzk0

唯「……」

憂「……」

梓「……」

律「つーか一回澪自殺未遂起こしたし」

唯「……」

憂「……」

梓「……」

律「PTSDで今も通院してる」

唯「……」

憂「……」

律「……」

梓「……」

紬「は、腹が……いたい」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:17:51.90 ID:D9kkBIzk0

律「……あたしが澪の自殺止めたんだ」

唯「りっちゃん……」

憂「律さん」

梓「律先輩」

律「あたし、澪に言ったんだ」

律『あんたここで死んでいいの? あんたこのまま死んだら只の負け犬だよ』

律『人間に生まれたなら、人間として死になさい。畜生のまま堕ちていくなんて神様が許してもあたしが許さないよ』

律「ってな」クスリ

律「あたしもまだ弱かった」

律「でもアイツの方がもっと弱かった」

唯「りっちゃん」ボロボロ

梓「り、りつ、ぐすっ、先輩っ」

憂「うぇーん」ヒッグ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:26:47.53 ID:D9kkBIzk0

律「昔の話だよ」

唯「じゃありっちゃん」グスン

律「ああ、また助けに行かなきゃな」

律「アイツが死にに行こうとするなら、あたしが何度でも止めてやる」

梓「……」コクリ

憂「……」コクリ

律「じゃあね、唯、梓、憂ちゃん」バイバイ

唯「待って!」

律「えっ?」

唯「あたしも……ついていく」

梓「私もです、律先輩」

憂「わ、私も」

律「お前ら……」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:35:36.20 ID:D9kkBIzk0

唯「りっちゃんだけにつらい思いはさせない。そうだよね、二人とも」

梓「ふふっ、律先輩だけじゃ不安ですからね」

律「こいつーwwよく言うぜwww」

梓「てへっ」

憂「私、力になれるかわからないけど……重い物はみんなで持てば軽くなります!」

律「憂ちゃん……」

唯「りっちゃんにはこんなにいっぱい仲間がいるんだよ」

律「唯……へへっ、今回ばっかしは一本取られたみたいだな」





紬「……んぐう」プルプル


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:39:34.73 ID:D9kkBIzk0

律「ほら、ムギも早くいくぞ!」
ポンッ!
紬「あ」

律「え」





紬「嗚呼っ、最早これまでにござるッ!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリリィィィィッッッッ!!!!
否ぁぁっ!拙者ァァァ!茶会の席でぇぇっ!尋常ならざるッ!量の糞をッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
嗚呼…り、律殿!申し上げますッ!拙者の尻からッ!糞が漏れて候っ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
否ああああっっっ!!見ないで下され、武士の情けぇぇぇっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!くッ、糞ッ、おのれぇッ、糞ォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
申し訳ござりませぬッ!屁もッ!屁も出て候……否ああああッッ!!
ブボオオオオオオオォォォォッ!
おおっ!またッ!!くッ、糞がッ、律殿おぉぉッ、糞がああッ!!!」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:41:33.35 ID:hobBovMQO

紬wwwwwwwwww


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:42:39.74 ID:fyzuEMioO

ちょっと待てwwwwwwww


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:51:29.67 ID:D9kkBIzk0

紬の出した人のモノとは思えぬ糞はまず、部室を飲み込んだ。
濁流のように、いや、この場合津波と表した方がいいだろう。その糞の津波は瞬く間に学校を覆いつくし、町を満たした。
ある者は家族の名を叫び、ある者は恋人の名を呼んだ。
しかし彼女の生みだしたクソ津波は有りとあらゆる物を飲み込んだ。生ある物、また生亡き者。盛者必衰。諸行無常。
ここが終着点だ。

世界は糞に飲み込まれる。

それもまた運命なのだろう。






そのころ秋山澪は自宅の風呂場で手首を切って冷たくなっていた。


Fin.


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:51:40.47 ID:XZqY17wyO

こんな時間に声出して
笑っちまったじゃねぇかwwwwwwwwwwww


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:52:57.56 ID:2kZO7CVK0

本当に素晴らしかった。感動で涙が止まらない。

映画化決定


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 04:53:52.29 ID:rVehh3jQ0


思ってたよりすっきりした結末だったな
クソだけに


関連記事


[ 2010/09/27 17:39 ] けいおんSS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kopyandpaste.blog130.fc2.com/tb.php/190-8b0b0a82











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。