スポンサーサイトこのエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマークを表示このエントリーのはてなブックマーク数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梓「ふでペン ~ボールペン~?ふざけるなです!!」このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマークを表示このエントリーのはてなブックマーク数

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:50:33.90 ID:aAiQ04Ix0

梓「この曲は廃止すべきです」

澪「何を言い出すんだ」

梓「この歌詞を見てください」

梓「ふでペン FU FU ふるえる FU FU はじめてキミへの GREETING CARD」

澪「なかなかいい歌詞だろう?」

梓「これはふでおろしを示唆しているとしか考えられません!」

澪「え…」





2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:51:14.65 ID:DXm/2irnP

あずにゃんはいつも正しい


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:57:42.31 ID:aAiQ04Ix0

澪「ふでおろしの何がいけないんだ?」

梓「はあ?ここは女子高ですよ?」

梓「こんな不埒な歌詞を認めていいわけないじゃないですか!」

澪「はあ…(ふでおろしって不埒なのかな?)」

梓「つまり、これはふるえるふでペン(男性器)をはじめてキミへ、GREETING CARDする…という」

梓「あまりにも不埒すぎる歌詞なんです!」


梓「次の歌詞も最悪ですよ」

梓「ときめき PASSION あふれて ACTION はみだしちゃうかもね」

澪「どこがいけないんだよ…」

梓「ときめいて、あふれて、はみだして、溢れ出ちゃうんですよ!?」

梓「これはもう射精を示唆しているとしかいえませんよ!!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:01:33.39 ID:aAiQ04Ix0

澪「ああ、確かに心の中にある感情を写生するように、ふでペンを走らせる様子を歌詞にしたものだぞ!」

澪「そのあたりは自信作だ!」

梓「ばかなんですか!?」

澪「!?」

梓「そんなんだから、澪先輩はライブでおぱんつを晒すビッチになるわけです!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:06:37.16 ID:aAiQ04Ix0

澪「なんでその話が出て来るんだよ…やめろよ…」

梓「まあこのあたりは、比喩のレベルが高いから、まだ馬鹿な女子高生は気づかないかもしれないです」

梓「とりあえず、次の歌詞を読んでみてくださいよ」

澪「キミの笑顔想像して いいとこ見せたくなるよ 情熱をにぎりしめ 振り向かせなきゃ!」

梓「お゛え゛えぇぇぇぇぇぇっ!!!」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:08:11.18 ID:DXm/2irnP

やだ・・・情熱固くなっちゃう・・・


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:09:14.90 ID:Bpob/oOD0

あずにゃんは正義


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:10:34.28 ID:ynRfeVR8Q

ふでぺん聴きたくなってきたじゃねーか


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:10:41.30 ID:aAiQ04Ix0

澪「梓!?」

梓「けほっけほっ…」

梓「すいません、私は不埒なことを考えるのが苦手なので吐いてしまいました」

梓「その不埒過ぎる歌詞のせいでな!」

澪「どこがだ!」

梓「つまりこれは相手を絶頂を至らせるために、そのそそり立つ情熱をにぎりしめるわけですよ」

梓「笑顔で事を終わらせ、相手が振り向いてくれるピロートークのためにね!」

梓「お゛え゛えぇぇぇぇぇぇっ!!!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:10:43.94 ID:DXm/2irnP

あずにゃんは司法


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:16:25.75 ID:aAiQ04Ix0

梓「ふでおろし、射精、相手は満足せずに怒ってしまう…」

梓「それを振り向かせるために、そそりたつ情熱を握り締める…」

梓「ピロートークの笑顔のために…」

梓「こんなイカ臭い歌詞を書いて、私をどうしようって言うのよ!!」

澪「もうわけがわからないよ…」ポロポロ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:23:45.95 ID:aAiQ04Ix0

澪「これは、相手に届けたい想いを綴った詩であってな…」

梓「ええ、わかってますよ!相手に白濁駅を届けたいんですよね!?」

澪「修正ペンの事か?」

梓「なにが修正ペンだ、無修正だろこんなもん!!」



梓「で、この不埒で淫乱な澪先輩の痴態を絵にしたような歌詞はまだまだ続きますよね?」

澪「梓…その…、そんなに聞きたくないならもう聞いてくれなくていいからさ…」

梓「いえ、私もこうなった以上最後まで付き合います!」

梓「純情な乙女の意地です!」

澪「何が梓をここまで駆り立てるんだ…」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:28:40.32 ID:ZP/y2iq3P

ワロタ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:31:28.19 ID:0NcmnXVd0

梓の頭はなんでもエロに直結するのか


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:32:08.19 ID:aAiQ04Ix0

澪「愛をこめて スラスラとね さあ書き出そう 受け取ったキミに しあわせが つながるように」

澪「…」チラッ

梓「…」

澪「ほっ…」


梓「も は や 露 骨 !」

澪「ひいっ!!」

梓「てめえ、もう隠すつもりないだろです!!」

梓「おまたの修正ペンで、人生を修正できなくするつもりなんだろうが!」

澪「ちょっとまってくれよ…相手に幸せを届けたいって歌詞じゃないか…」

澪「何の問題があるんだよ…」

梓「はああ!?」

梓「もはや呆れ果てて、何もいう気になれない!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:34:13.20 ID:iFmTArRxO

これみてニヤニヤしてる俺キメェwwww


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:34:43.12 ID:VUr20lWP0

あずにゃんの言うとおりだ!


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:08:23.97 ID:3P7yGW3Y0

梓「たしかにその時はオーガスムで幸せかもしれませんよ」

梓「でもね、所詮そんなのは一時の快感です」

梓「安易に、計画もなしにスラスラ愛を書き出す?」

梓「しあわせを届ける?」

梓「若気の至りにもほどがあります!!」

澪「は、初恋だから不器用なところもあるんだよ…」

梓「ふざけんな!」

梓「そういう事は結婚してからにしろよ!」

澪「さっきから梓の言ってることがわからないよ…」

梓「さあ次でラストスパートですね!」

梓「かかってこいよ、ほら!」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:21:21.72 ID:3P7yGW3Y0

澪「夢を見せて クルクルとね 字が舞い躍る がんばれふでペン ここまできたから かなり本気よ☆」

梓「おっおええええお゛えええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!」ゲロゲロゲボゲボドロドロゲボ

澪「おわっ、ほんとに吐いたああああ!!!」

梓「すまんです…」けほっけほっ

梓「私は純情だから拒絶反応が…」

澪「どこに拒絶反応が出る要素があったっていうんだよ!」

梓「つまりこれはもはや、二人がオーガスムに至り、夢の世界にイっちゃった♪ってことですよね」

梓「これはあれか?」

梓「ふでペンも、本気でラストスパートにかけてますってか?」

澪「ちょっとメルヘンを意識してみたんだけど…」

梓「ドラッグセックスだろこれ!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 01:41:34.55 ID:TdKIqChPO

梓が本編でもこういうキャラだったら嫌いにはならなかっただろう。


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 02:49:21.11 ID:3P7yGW3Y0

梓「つまり、ふでペン ~ボールペン~は童貞のふでおろしとドラッグセックスを示唆したとんでもない歌詞だったんですよ!!」

澪「???」

梓「そういわれると、ふわふわ時間もタイトルからしてドラッグセックスだし」

梓「私の恋はホッチキスなんて、ホッチキスを使ったSMプレイを髣髴とさせる」

梓「そこから導き出される答えはひとつ!」

梓「澪先輩は始終そんなことを考えるビッチだという事だ!」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 02:52:12.13 ID:3P7yGW3Y0

澪「うう…よくわかんないけど、ひどいことを言われているような…」

梓「ええいっビッチならビッチらしく堂々とするです」

澪「ひゃあっ」

梓「私がこの甘ったれたカモフラージュを暴いてやるです」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 03:47:14.84 ID:3P7yGW3Y0

梓「これが正しい、ふでペン ~ボールペン~です!!」


ふでペン ~ボールペン~ 梓ver

作詞:中野梓 作曲・編曲:沢庵

おち○ぽ FU FU ふるえる FU FU

はじめてキミへの VIRGIN ATTACK

せ○えき PASSION あふれて ACTION

はみだしちゃうかもね


キミの絶頂想像して いいとこ見せたくなるよ

おち○ぽをにぎりしめ 振り向かせなきゃ!


愛をこめて ギシギシとね 腰振り出そう

受け取ったキミに しあわせが つながるように

夢を見せて クルクルとね 痴が舞い躍る

がんばれちん○ん ここまできたから

かなり本気よ☆


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 03:51:24.02 ID:TlTUS89k0

omg


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 04:00:20.28 ID:DTZYPovC0

作曲・編曲:沢庵


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 05:45:28.28 ID:kxqdQiZC0

まじきちさいこう


関連記事


[ 2010/09/14 18:24 ] けいおんSS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kopyandpaste.blog130.fc2.com/tb.php/173-c82fd535











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。